血便で大腸がんか見分ける

【血便】大腸がんと潰瘍性大腸炎と痔の見分け方

血便がでたら

自分は潰瘍性大腸炎だったりします。

 

 

 

血便がでたときは
「もしかして大腸がんかも」
と思ったりしました。

 

 

血便がでたら

  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎

この3つで迷うと思うんです。

 

 

これは実際に病院に行かないと確実なことはわからないです。
だから病院に行ってください。

 

でもなんとなくでいいのなら、見分けることが可能だと自分は思っています。
なので病院に行き、内視鏡検査まえにでも、考えてみてくださいませ。

 

あ、病院に行ってもすぐに内視鏡検査(大腸カメラ)ってできないんですよ。
予約とか、事前準備とかありますからね。

 

 

 

 

 

大腸がんは家族にガンの人がいるかどうか

血便がでて、大腸がんの可能性がある人の特徴を書くと

  • 下痢
  • 家族にガンの人がいる
  • 年齢が高齢

こういった要素があるのなら、大腸がんの可能性が高いです。

 

 

特に自分的にはガンは遺伝的要素が強いものだと思っています。
なので、家族にガンの人がいるのなら、気をつけたほうがいいと思います。

 

ただこれも可能性の話でしかありません。
家族にガンの人がいなくても、ガンになる可能性もあるわけで…。

 

やっぱり家族にガンの人がいないからといって
「大腸がんではなさそうだし、病院に行かなくてもいっか」
と思うのは危険です。

 

 

特に下痢の状態なのは腸が正常に働いていません。
病院に行かないのなら、血便や下痢の状態が治ったのならいいと思いますけど。
血便や下痢が続くようなら、病院に行かないといろいろ不安です。

 

 

大腸がんは40歳からじょじょになりやすくなるとされています。
なので内視鏡検査(大腸カメラ)は40歳になったら、1年に1回やるのが安心だとされています。

 

なので40以下なら大腸がんの可能性は低いです。
逆に40過ぎているのなら、大腸がんの可能性も考える必要があると思います。

 

もちろん、40歳以下でも大腸がんになってしまう人がいます。
でもそういう人は、やっぱり遺伝体質とか、他に大腸がんになりやすい要因があったりするものかと…。

 

 

最近はガンで亡くなる人が増えています。
その一番の理由は、てっきり欧米食とかだと思いましたけど、なんと
【高齢化】
だからだと言っていました。
平均寿命が伸びて、ガンぐらいでしか命の危険がない世の中になりつつあるわけですね。

 

 

ただガンって若い人がなると、侵食が早いって言いますけど。
高齢者がなると、ガンの侵食が遅いみたいなことが言われていますよね。

 

事実なのか知らんけど。
噂ではそんなことをみんな言っているなぁ。

 

 

 

 

潰瘍性大腸炎は若い人にでやすい

自分もなった潰瘍性大腸炎。

 

血便がでて潰瘍性大腸炎の可能性が高い人の特徴をあげると

  • 下痢
  • 欧米食が好き
  • 若い
  • 家族にガンの人がいない

こういった特徴があります。

 

 

若くして血便がでたのなら、痔か潰瘍性大腸炎のどちらかだと自分は思いますけどねぇ。
むしろ若い人って潰瘍性大腸炎になりやすいので。

 

若くして下痢で血便がでたのなら、潰瘍性大腸炎の可能性は高いです。

 

 

潰瘍性大腸炎の特徴として
【食事が肉系ばかり】
だったりすると、潰瘍性大腸炎の可能性があります。

 

自分もハンバーガーとか、から揚げとか、そこらへんばかり食べていましたからね。

 

 

 

野菜をあまり食べず、スーパーの弁当とかばかり食べている人は気をつけたほうがいいです。
スナック菓子とかも、食べすぎは潰瘍性大腸炎の可能性があるような…。

 

まぁ基本下痢の状態が長く続けているのなら、潰瘍性大腸炎な可能性は高いです。
食べたら、すぐに便意がきて水便がでるようなら潰瘍性大腸炎を怪しむべきです。

 

 

 

 

 

痔はうんちが固い

痔は腸が悪いわけではなく、肛門が切れてしまうわけですね。

 

なので血便が出て痔の可能性が高い人の見分け方は結構簡単です。

  • うんちが固い
  • ふんばった
  • おしりを拭きすぎ
  • おしりに負担がかかるなにかをした
  • 便秘がち

こういったのが痔です。

 

困ってしまうのは、下痢の状態が長く続くと肛門が弱るのか、下痢から固形の便になると痔になりやすい気がします。
そうなると、みわけがかなりつきづらいです。

 

 

固いうんちで、うんちをした後におしりがひりひり痛むのなら、それは痔かと思います。
痔の場合は3日ぐらいで、元にもどるので…。
血便がでたときは不安になりますけど、その後血便がでないようなら安心していいと思います。

 

 

トイレで便秘がちの人は、うんちを出そうといきむというか、踏ん張ると思うんです。
それが切れ痔の可能性を高めます。

 

なのでトイレに行って、便器に座ってからも、切れ痔予防ってできるんですよ。
うんちを無理に勢いよく出そうとするのではなく、自然に排出されるように出すわけです。

 

まぁ下痢だと、なにもしなくても噴射されますけど。
便秘になると、本人が踏ん張ってもでない感じなので。
トイレでいきむ癖がついてしまっている人は多い気がします。

 

 

あぁ、いきむってなんか自分は
「どういうことなんだろ?」
とピンとこなかったんですけど。

 

たぶんこれ、出産みたいな感じなんでしょ?
自分は男だから、いきむっていう言葉がぴんとこなかったんですけど。

 

たしかに、便秘でうんちがなかなかでないときって、女性の出産みたいな感じで
「んーーーーーーーー!!!」
な感じでした。

 

トイレでそんな感じで踏ん張っていると、切れ痔になりやすいので要注意です。
自分も
「いきむとよくない」
って書かれていて
「???」
と思っていましたけど。

 

「踏ん張ると切れ痔になりやすい」
って書いてくれると、すぐにわかったのに…。
なんでわかりにくい表現を使うのか謎です。

 

女性はわかると思いますけど。
男性には
「いきむ」
って結構謎な表現じゃね?
自分だけか?

 

 

ちなみにこのトイレでいきむというのは。
高齢者にとっては、動脈硬化による心筋梗塞や脳卒中の危険も高まるということで要注意です。

 

冬のトイレは寒かったりもするので、いきむのはかなり危険だと覚えていたほうがいいかと。

 

 

便秘でうんちが硬いのは切れ痔になりやすいです。
でも自分は下痢よりも便秘のほうがマシだと思っています。
便秘で固形の便がでているのなら、腸の状態は悪くないと思いますね。

 

やっぱりうんちって固形の便がでるのが普通なんですよ。
下痢のうんちっていうのは腸が正常に働いていないので、よくないと思います。

 

 

ただ大腸がんや潰瘍性大腸炎より、痔のほうがマシと言い切れるわけでもないかもしれませんけど。
まぁ大腸がんや潰瘍性大腸炎と比べれば、多くの人にとっては痔のほうがマシですよねぇ。

 

いや痔になったら、うんちをするとおしりが痛むので、便意があっても怖くてうんちにいけなかったりするところがあるんですよね。
そういう悪循環がより痔を悪化させると思います。

 

うんちって出すときにだしておかないと、ますますうんちって固くなるので…。
痔がひどくなる可能性が高まります。

 

 

 

 

 

大腸がんは遺伝の心配をすべき

自分的には
「血便がでたら大腸がんを疑うべき」
だとされていますけど。

 

 

それ以前に、親戚などでガンでなくなった人がいるのなら、血便とかの前にガンの心配をすべきだと自分は思っています。
自分もネットで調べただけにすぎませんけど。
やっぱり家族がガンだと、ガンになりやすいようです。

 

 

自分の姉の夫。
いわゆる自分のお義兄さんになるわけですけど。

 

そこの家族が兄、父とガンになっているようで。
お兄さんは最近亡くなってしまいました。

 

若い人のほうがガンの進行は早いようで。
最近見つかったけど、進行が早く父よりも先に厳しくなってしまったようです。

 

 

だから、大腸がんは血便がでて心配するより、もっと先に心配すべきところがあると思います。
まぁ家族にガンの人がいないのなら、血便がでてから
「大腸がんかも」
と思ってもしょうがないと思います。

 

家族にガンの人がいないのなら潰瘍性大腸炎の可能性のほうが高いと思います。
もちろん若いならの話です。

 

自分は血便がでても、それが危険だとは思わず
「いつか治るでしょ」
とか思って、普通に過ごしていましたね。

 

いや、血便がでても、まったく痛みはなかったので。
下痢便でトイレが血だらけになって、いつもうんちの後は掃除していましたけど。
それでも痛みがなかったので、病院に行ったのは結構後になってでしたね。

 

 

ガンの一番の原因は高齢化です。
逆に潰瘍性大腸炎は若くしてなりやすく、高齢になったらなかなか潰瘍性大腸炎にはならないようです。

 

もちろんそれが絶対とはいえないです。
若くして大腸がんになる人もいれば。
高齢で潰瘍性大腸炎になる人もいます。

 

 

 

でも自分も20代で血便がでて
「もしかしたら大腸がんかも」
と思いましたけど、やっぱり潰瘍性大腸炎だったので。

 

若くして大腸がんになるっていうのは、血便がどうこうよりも。
遺伝の関係のほうが強いような気がしますね。

 

 

あぁ、男性と女性では、男性のほうが大腸がんになりやすいんですよ。
そういう点でも、やっぱり便秘より下痢のほうが危険が高いと思います。

 

 

腸を悪化させないために、普段からの食事と、しっかりした睡眠。
そしてストレスを溜めない生活。
こういったところが大事になってくると思います。

 

自分も20代のときに、マクドナルドとか、から揚げとか食べなければよかったです。
マクドナルドが100円マックなんてやっていなかったら、マクドナルドなんて食べなかったんだけどなぁ。

 

そりゃ1個100円でハンバーガーが食べれるのなら、週1以上でハンバーガーを食べますよ。
というか、むしろはマックのハンバーガーってもっと安かった気がします。

 

 

潰瘍性大腸炎になって
「食べ物に制限ができた」
なんていう人もいますけど。

 

むしろ潰瘍性大腸炎になる前に、もっと食べ物に気を使っていれば潰瘍性大腸炎って防げたと思います。
だから、発症してから食事に気を使うのは後手に回っているんだよなぁ。

 

潰瘍性大腸炎って寛解状態にはなりますけど、完治はしない特定疾患ですから。
なってしまったら手遅れなんですよねぇ。


ホーム RSS購読 サイトマップ