潰瘍性大腸炎は大腸がんになりやすい?

【潰瘍性大腸炎】大腸がんになる可能性!ガンになりやすい?

潰瘍性大腸炎の人は大腸がんになりやすい?

自分は潰瘍性大腸炎なんですよね。

「潰瘍性大腸炎の人は大腸がんになりやすい」
とかあーだこーだ言っている人もいますけど。

 

 

自分はむしろなりにくいと思っています。
なぜならそれは
【潰瘍性大腸炎で腸内環境を整える意識が高まる】
からです。

 

まぁ潰瘍性大腸炎になったのに、腸内環境を向上させる意識が高まらないのならどうにもならないですけどね。

 

 

でもやっぱりネットでいろいろ調べても
「他人事です」
みたいな感じなんですよね。

 

そりゃそうでしょ。
だって、潰瘍性大腸炎って難病というか特定疾患です。
寛解状態にはなりますけど、完治はしない症状です。

 

 

潰瘍性大腸炎の人は大腸がんになりやすいのなら、どうすれっていうの?
泣けってこと?
自分が不幸だと思って、えんえん泣けばいいの?

 

 

結局潰瘍性大腸炎の人が大腸がんになりやすいとしても、やることといえば
【こまめに内視鏡検査を受ける】
ぐらいしかないのでは?

 

だから潰瘍性大腸炎の人が大腸がんになりやすくても、問題がなくても。
当人も他人も関係ない(どうしようもない)と思うんですけどねぇ。

 

 

「ブサイクな人は結婚できない可能性が高いのか?」
と調べて
「そうです」
といわれても、ブサイクな人はどうにもならないと思うんですけど。
整形手術?

 

まぁ自分も人生の行きやすさは外見が大きく関わっていると思っていますけど。
じゃあ外見の悪い人は、生きる価値がないのかというとそういうわけでもないと思います。
というか、どうしようもないじゃん。

 

 

 

 

 

潰瘍性大腸炎でなくても大腸がんになる人がいる

もし潰瘍性大腸炎の人が大腸がんになりやすいといわれて
「あぁ、なんて自分は不幸なんだ!」
なんて嘆きたいとしても。

 

なんか遺伝でガン家系だったりする人に悪い気がします。
うちの義兄がガン化系らしく、なんかそこの弟さんもお父さんもガンでなくなっていました。
だから自分の甥っ子もガンになるんじゃないかと思って自分は少し心配しています。

 

 

でも、そうだったとしても、どうにもならないじゃん。
むしろ潰瘍性大腸炎というのは、寛解状態にできるわけで。
それなりに大腸がん予防はできると思います。
でも遺伝は結構きつくないか?

 

なので、潰瘍性大腸炎が大腸がんになりやすかったとしても。
ガン家系と比べるとどうにかしようがあるように思いますけどねぇ。

 

 

そしてさっきも言いましたけど
【潰瘍性大腸炎になったのなら腸内環境に気を使う】
わけですから。

 

むしろ大腸がんになりにくいと思います。
一般の人のほうが、暴飲暴食とかして大腸がんになりやすい気がします。

 

 

もちろん
「私は実験&研究データを信じます!」
というのなら、潰瘍性大腸炎の人は大腸がんになりやすいといえるのだと思います。

 

でも潰瘍性大腸炎で大腸がんになったとしても
潰瘍性大腸炎にならなくても、大腸がんになっていたかもしれません。
単純にその人が、腸が弱い体質だった可能性もありますよね。

 

 

まぁ用は
「信じたいのなら信じればいい」
と思います。

 

でも自分のことを
「大腸がんになりやすいんだ」
と思っていても、ストレスがたまるだけだと思います。
まぁ私生活で気をつけるようにはなるかぁ。

 

 

 

 

 

潰瘍性大腸炎は内視鏡検査をする

もし潰瘍性大腸炎の人が大腸がんになりやすかったとしても。
潰瘍性大腸炎の人は、内視鏡検査を一般の人より頻度よくすると思います。

 

 

なので早期発見ができやすいと思うので。
大腸がんで命を落とすことは少なそうに思うんだけどなぁ。

 

 

つまり潰瘍性大腸炎になった人って、一般の人よりよっぽど早期発見できるでしょ。
内視鏡検査(大腸カメラ)をするっていうのは、特定疾患に申請するために腸内を撮影しているのではなく。

 

そういうポリープやら、ガンを見つけるためですよね。
多くの人は、1年に1回、2年に1回内視鏡検査をしていると思います。

 

でも一般の人になると、そんなにしていないと思うので。
むしろ安心できると思うんですけどね。

 

 

まぁただ
「潰瘍性大腸炎だから大腸がんになりやすいんだ!」
というのは実験&研究結果を見る限り、今のところはその可能性はありえるといえるかと。

 

でも、そう思うメリットがないというか。
自分がガン家系かどうか調べて
「どうやらガン家系みたいだ!」
とわかったところで、どうにもならないのと同じというか。

 

 

大腸がんは高齢になるとなりやすくなるわけですけど。
じゃあ
「がんが怖いので歳をとりません」
と言っても無理だと思います。

 

 

それならポジティブに考えたほうがいいのでは?
もちろん油断してしまったらどうにもなりませんけど。

 

「大腸がんになりやすい」
とネガティブに思うより
「大腸がんがあっても早期発見しやすい」
なんて思っていたほうがいいと思うんですけどねぇ。

 

 

自分は潰瘍性大腸炎ですから。
もうそう思うしかないと思っています。

 

だって落ち込んだら、よりストレスで大腸がんになりやすくなるでしょ。
別に自分は他の潰瘍性大腸炎の人に
「おまえら大腸がんになりやすいんだぞ。ざまー」
とか煽ったりしたいわけでもないし…。

 

女性に向かって
「乳がんの危険があるぞー」
とか言っていたら、セクハラでつかまるかもしれませんし。
それと同じことでは?

 

 

潰瘍性大腸炎の人が大腸がんになりやすかったとしても。
それを潰瘍性大腸炎の人にいうのは、単に相手を不愉快にさせるだけだと思うんですけどねぇ。

 

 

がんについていろいろ調べてわかったんですけど。
ガンの一番の原因ってなんだと思います?

 

それは日本人の長寿のところがあるんです。
用は、ガン以外では命を落とすことが少なくなっているわけです。

 

 

じゃあ、高齢になるとガンになるのが怖いから
「車にはねられよう」
とか思いませんよね。

 

「ガンになりやすくなるから、長寿は意味がない!」
っていうのもおかしいですよね。

 

 

潰瘍性大腸炎の人も長生きすると大腸がんになってしまう人も多いと思います。
でもそれが潰瘍性大腸炎の影響なのか、老化のせいなのか…。
そういうのはわからないと思います。

 

そして人間いつまでも生きられるわけではないですから。
それがわかったのなら、今を一生懸命生きればいいと思います。
大腸がんになりにくい体質なら、だらだら生きたり、暴飲暴食してもいいってわけでもないかと。

 

結局未来のことなんてわからないのですから。
「大腸がんになるかもしれない」
とか思う時間がもったいないのかもしれませんねぇ。


ホーム RSS購読 サイトマップ