大腸がんを血液検査で判断 血便や大腸カメラ

【大腸がん】血液検査では判断は難しい!血便や大腸カメラ

大腸がんを血液検査で判断するのは厳しい

大腸がんを血液検査で判断するのは難しいです。
というか、ほとんど無理だと思います。

 

 

ただ血液検査とはちょっと違いますけど。
腸が出血していると、貧血になりやすいということで…。

 

注射で血液をとっているときに、クラクラしたりする貧血状態になるっていうのなら。
大腸がんの可能性はあると思います。

 

でもこれは検査結果がどうとかではなく。
本人が判断するしかないですね。

 

 

実際血便がでても、大腸がんかどうかを判断するのは難しいわけで。
結局は大腸カメラ(内視鏡検査)をしないと、大腸がんかどうか、確実な判断はできないと思います。

 

でも内視鏡検査をすれば、ほぼ判断可能なわけですから。
そういう点では、大腸がんって見つけやすいのかもしれませんね。
内視鏡検査をするのは、結構大変に感じますけどねぇ。

 

 

 

 

 

大腸がんの判断方法

ネットとか見ていると、大腸がんの判断方法として
「おならが臭いと大腸がんかも」
みたいなことを書いている人がいますけど。

 

おならで判断していたら、なんか大変だと思います。
いや、おならって基本臭いでしょ。

 

たしかに尋常ではなくおならが臭くて
「大腸がんかも」
と思ったりするのかもしれませんけど。
やっぱり現実的に、おならで大腸がんを判断するっていうのは無理がある気がします。

 

 

となると、やっぱり大腸がんのサインは
【血便】
だと思います。
若い人は血便がでなかったのなら、まぁ大丈夫でしょ。

 

 

血便の次に気にすべきことは
【年齢】
かと思いますねぇ。

 

年齢が高くなればなるほど、ガンってできやすいんですよ。

 

 

なので年齢が高くなったのなら、血便とか特に前兆がなかったとしても。
内視鏡検査をして、自分の腸を確認する価値はあると思いますねぇ。

 

 

そして、最後はやっぱり
【遺伝】
これかと。

 

こればかりはどうしようもないです。
でも遺伝の影響力ってやっぱりすごいと思うのは。

 

自分の義理兄の一家が、ガンに高確率でなっているんですよ。
だから、自分は甥っ子がガンにならないか心配しているんですけど。
ガンになりやすい家系の人は、ガン予防に取り組みたいところです。

 

 

やっぱりこの点で、親に求めるものは
【外見より健康】
というのを感じます。

 

健康に生んでくれたのなら、ブサイクでも親に感謝しないといけないな!
まぁブサイクはつらいですけどね!
やっぱり生きているだけで儲けものですよ。

 

美人薄命とか、ひとごとだと
「格好いい」
とか思いますけど、自分がそうだったらいやじゃん。

 

 

 

 

 

まとめ

結局大腸がんが心配なら、大腸カメラをしないと確かなことはわからないと思います。

 

大腸カメラ以外にも大腸がんの可能性を知る方法があるかもしれませんけど。
今現在は、大腸カメラが一番確かな確認方法です。

 

 

カメラをお尻から入れられるのもたしかにつらいですけど。
それ以上に下剤を飲むのが大変ですね。

 

 

昔は液体タイプだったんですけど。
今は錠剤タイプの下剤もあります。

 

 

まぁ錠剤タイプの下剤が楽だとは限りませんけどね。

 

決して大腸カメラが楽だとは言いませんけど。
大腸がんがあるのかどうか、ほぼ確実に確認できるので…。
大腸カメラという方法があってよかったですね。

 

普通に考えると、お尻からカメラを入れて腸を見るとかどうかしていると思いますけど。
それが実際にできる時代なんだから、いい時代になったと思います。

 

後はめんどくさがらずに検査するだけですねぇ。
でもこれがなかなかめんどくさくて、やろうという気が起きないんですよねぇ。

 

 

あぁ、自分は血便がでて潰瘍性大腸炎だったんです。
なので血便がちょくちょくでますけど、そんなので毎回大腸カメラをしていたら大変なので。
1年に1回ペースでやる感じです。

 

 

ただ自分はまだ若いというか、30代中盤なので。
そこまで大腸がんの心配はしなくてよいと思っています。

 

 

やっぱり年齢ですよ。
むしろ日本人は長生きだから、ガンに高確率になるといえるのかもしれません。

 

どんなにガンになりたくない言っても、年齢(老化)を止めることはできませんから。
そう思ったら、ガンはなってしまう人はなってしまうものなのかもしれません。
やっぱりガンになりにくい家系だったのなら、親に感謝だなぁ。
いや、潰瘍性大腸炎になったけど。


ホーム RSS購読 サイトマップ