おなかへGG!ヨーグルトと大腸がん

おなかへGG!ヨーグルトと大腸がんの関係 LGG乳酸菌が大腸炎を抑える

おなかへGG!ヨーグルトと大腸がんの関係

タカナシ乳業から販売されている「おなかへGG!ヨーグルト」。

 

 

これが大腸がんに有効な可能性は十分にあると思います。

 

 

それはおなかへGG!ヨーグルトに配合されているLGG乳酸菌。
このLGG乳酸菌が大腸炎に有効だと発表されているからです。

 

 

たしかに大腸がんと大腸炎では、違うといえばそれまでですけど。
大腸に良い影響を与えるヨーグルトなのは間違いないと思います。

 

 

 

 

 

LGG乳酸菌は大腸を守る効果

LGG乳酸菌は大腸を守る効果があります。

 

それによって

  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 過敏性腸症候群

こういった大腸が関係していると思われる病気に有効だと言われています。

 

 

潰瘍性大腸炎は自分も発症していますけど、治しかたが見つかっていないというか、難病なので治らない病気だとされています。

 

過敏性腸症候群は有名ですね。
便秘と下痢を繰り返す症状で、なにが原因なのかはわかっていません。

 

でも過敏性腸症候群の一番の原因はストレスだとされています。
そして治らない病気というわけでもないです。

 

LGG乳酸菌が過敏性腸症候群に良いのかどうかは微妙な気がしますけど。
腸に良いことをして、悪いことはないですからね。

 

 

LGG乳酸菌は大腸を守ってくれる乳酸菌だということです。
大腸が気になる人におすすめできます。

 

 

 

 

おなかへGGヨーグルトを買う価値はある?

大腸がんへの効果を期待して、おなかへGG!ヨーグルトを買うのは、微妙な気がします。

 

 

それはおなかへGG!ヨーグルトや、LGG乳酸菌がイマイチだというわけではなく。
おなかへGG!ヨーグルトといった、タカナシ乳業のヨーグルトはあまりスーパーで見かけないからです。

 

 

おなかへGG!ヨーグルトにこだわって購入するより、スーパーでヤクルトや森永ビヒダスを購入したほうが、買いやすい点でいいと思います。

 

 

LGG乳酸菌はアレルギーに強い乳酸菌です。
アトピーや花粉症に困っている人なら、おすすめできる乳酸菌です。

 

でも大腸がん予防としてLGG乳酸菌を摂取使用と思ったのなら、手に入れにくいタカナシのヨーグルトを無理して買うより、スーパーで簡単に手に入るヨーグルトを買ったほうがいいと思いますね。

 

 

まぁスーパーにもよりますから。
「近所のスーパーに普通におなかへGG!ヨーグルトが売っている!」
というのなら、おなかへGG!ヨーグルトを買うのもおすすめです。

 

でも通信販売を利用してまで、おなかへGG!ヨーグルトの大腸がんへの効果を期待するというのは、ちょっとやりすぎな気がします。
悪いことではないんですけどね。

 

【LGG乳酸菌配合製品販売店一覧はこちら】
タカナシLGG乳酸菌

 

自分は楽天市場のタカナシ通販から、いろいろLGG乳酸菌を配合した製品を買いました。

 

 

でもなんども通販を利用してまで、LGG乳酸菌にこだわることができるのかといえば、ちょっときついように感じました。

 

スーパーにいけば、いろいろな製品があるわけで。
そういう製品をスルーして、通信販売を利用してまでヨーグルトを買う理由というのは、そうとうな理由がないとおかしい気がします。

 

 

「LGG乳酸菌との相性がすごくいい」
という人なら、話は別ですけど。

 

基本どんなヨーグルトや乳酸菌でも、基本多くの人は満足できるものですからね。


ホーム RSS購読 サイトマップ