明治ブルガリアヨーグルトと大腸がん LB81乳酸菌

【明治ブルガリアヨーグルト】大腸がんの関係 LB81乳酸菌

明治ブルガリアヨーグルトと大腸がんの関係

日本でシェア1位の明治ブルガリアヨーグルト。

 

 

ヨーグルトといえば、明治ブルガリアヨーグルトを思い浮かべる人も多いと思います。
むしろブルガリアという国名を聞いたら、ヨーグルトを連想するのは、このヨーグルトの影響だと思います。

 

 

トルコはヨーグルトの消費量がすさまじいです。
でもトルコという国名を聞いて、ヨーグルトを連想する人はそんなにいないと思います。

 

日本にはトルコヨーグルトという製品はまだありませんからね。
いや、あったけど、製造中止になった可能性もありますけど。

 

 

でも最近は、「ギリシャ」「カスピ海」なんて名前を聞くと、ヨーグルトを連想する人が増えているのも日本のヨーグルト事情の影響だと思います。

 

そんな日本ではもっとも定番の明治ブルガリアヨーグルト。
明治ブルガリアヨーグルトにはLB81乳酸菌が配合されています。

 

 

LB81乳酸菌は大腸がんへの効果は発表されていません。
ただLB81乳酸菌の効果を見ていくと、大腸がん予防になる可能性は十分あると思います。
乳酸菌は基本腸内環境を整えますからね。

 

明治ブルガリアヨーグルトのLB81乳酸菌は大腸がんへの効果は発表されていません。
でもだからといって、大腸がんになにも効果がないわけではないと自分は思います。

 

 

これはLB81乳酸菌と考えるからいけない気がします。
普通の乳酸菌だって、腸内環境をよくしてくれるわけですから、大腸がん予防になるはずです。

 

腸内環境が良いのと悪いのなら、腸内環境が良いほうが大腸がんになりにくいはずですよね。
逆に
「大腸がんに効果がある」
と発表されている乳酸菌しか、大腸がん予防にならないというのも変な話だと思いますよね。

 

 

 

 

 

LB81乳酸菌は腸内フローラをよくする

いろいろな大腸がんの研究で

  • 大腸がんになりにくい腸内
  • 大腸がんになりやすい腸内

こういった状態があると発表されています。

 

 

LB81乳酸菌は腸内フローラの状態をよくする効果が発表されています。
LB81乳酸菌の摂取で、大腸がんになりにくい腸内にすることは十分可能だと思います。

 

 

腸内フローラと聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんけど。
フローラというのは「お花畑」という意味なんですけど。

 

「腸内に花が咲いているのか?」
といわれれば、そういうわけではないです。

 

 

いわゆる腸内の菌を花に見立てているのだと思います。
つまり

腸内フローラが良い⇒良い腸内細菌が沢山いる、良い花畑
腸内フローラが悪い⇒悪い腸内細菌がいたり、腸内細菌が少ない、悪い花畑

こういう意味なわけですね。

 

腸内フローラがいい人は、善玉菌が沢山いるわけです。
それはまるで、綺麗なお花が一面に咲いているような感じなわけです。

 

逆に腸内環境が悪い人は、悪玉菌が沢山いるわけです。
砂漠なような土地(腸)だったり、花も枯れてしまったりしているわけですね。

 

 

基本腸内環境は良いほうがいいですよね。
誰も、腸内環境が悪いほうがいいなんて思う人はいないと思います。

 

そういう点で、明治ブルガリアヨーグルトに配合されているLB81乳酸菌は、大腸がん予防にもつながる可能性はあると思います。
まぁさっきも言いましたけど、乳酸菌ならたいていのものは大腸がん予防につながると思います。

 

もちろん
「LB81乳酸菌のおかげで大腸がんにならなかった!」
とかはわからないです。
だって、LB81乳酸菌を取らなくても大腸がんにならなかったかもしれませんよね。

 

 

明治ブルガリアヨーグルトを食べることで、腸内環境をよくする意識を高めるのが大事なのかもしれません。
やっぱり脂っぽい食べ物とか、味の濃い食べ物を食べた後って、おなかの調子が悪くなりやすいですからね。

 

 

 

 

 

明治ブルガリアヨーグルトは手に入りやすいのが魅力

じゃあ明治ブルガリアヨーグルトのメリットはどこなのかというと
【手に入りやすい点】
だと自分は思っています。

 

 

明治ブルガリアヨーグルトはスーパーやコンビニいけば、まず手に入ります。
むしろ明治ブルガリアヨーグルトを置かないで、別のメーカーのヨーグルトを置いているショップのほうが少ないと思います。

 

そのぐらい定番なヨーグルトです。
日本でシェア1位なわけですから。

 

 

どんなに大腸がんに良い効果がアピールされているヨーグルトや乳酸菌でも、手に入らないのならどうにもなりません。
週に1回しか大腸がんに有効なヨーグルトを食べないこと。
毎日大腸がんに有効だと発表はされていないヨーグルトを食べること。

 

どちらが大腸がん予防に有効なのかというと、自分は後者だと思います。

 

 

どんなに質の高い乳酸菌を摂取しても、たまにしか乳酸菌を摂取しないのなら効果は実感しにくいものです。
でも、毎日乳酸菌を摂取するのなら、効果は実感しやすくなります。

 

そしてLB81乳酸菌は決して質の低い乳酸菌というわけでもないです。
今現在もいろいろな実験や研究がされて、新たな効果が判明している乳酸菌です。

 

 

まぁ乳酸菌の実験や研究をして効果が判明すれば、効果が高くなるわけでもないんですけど。
実際LB81乳酸菌も大腸がんとの関係が研究されていないだけであって、実験&研究をすれば効果が判明するかもしれません。

 

 

たらればを言ってもしかないので…。
明治ブルガリアヨーグルトの魅力は

 

買いやすいので毎日LB81乳酸菌を摂取しやすい

 

この点だと思います。

 

大腸がんに有効だとされているヨーグルトや乳酸菌を、通信販売などを駆使して購入したとしても。
10日ぐらいでなくなって摂取をやめてしまったのなら、効果を実感できるほど甘くないと思います。
なんどもリピート購入する必要があるわけですね。

 

でも、明治ブルガリアヨーグルトなら毎日続けることは、本人のやる気次第だと思います。
スーパーにいけば買えますからね。
リピート購入が簡単な点が明治ブルガリアヨーグルトの魅力なわけです。

 

 

 

 

大腸がん効果と続けやすさ

やっぱり手に入れやすさと、乳酸菌の大腸がんへの実験&研究の実績を考えると、ヤクルト(乳酸菌シロタ株)が一歩抜けている気がします。

 

 

でもヤクルトは乳酸菌飲料であってヨーグルトではないですからね。
いわゆる粉ミルクに乳酸菌を入れた飲み物です。

 

ヨーグルトで大腸がん予防をしたい人になると、明治ブルガリアヨーグルトが候補に入ることもあると思います。

 

 

頭でっかちになって、知識だけあってもどうにもならないんですよ。
自分もいろいろな乳酸菌の効果を知っています。

 

でも、よく購入するヨーグルトなんて限られています。
そりゃそうです。
毎日ヨーグルトを食べている自分とすれば、買いやすいヨーグルトを食べる頻度が多くなるのは当然です。

 

 

明治ブルガリアヨーグルトはスーパーで特売されて安くなることが多いのも魅力ですね。

 

 

知識があって
「○○乳酸菌が大腸がんに効果があるんだな」
とわかっても、その乳酸菌を摂取し、そして続けないと効果は実感しにくいものです。

 

知識があるだけで健康になれるのなら苦労はないです。
「人間適度な運動は重要」
そんなことは多くの人がわかっています。

 

でも、それをわかっているのに、毎日運動することは難しいことだと思います。
結局のところ、やるかやらないかなんですよ。

 

明治ブルガリアヨーグルトのLB81乳酸菌の効果を知らない人もいると思います。
でも、明治ブルガリアヨーグルトを毎日食べているのなら、LB81乳酸菌の効果を知らなくても健康に良い効果は実感できるわけですね。

 

 

当然なことなんですけど、それがわかっていない人が多くなっていると思います。
今ではネットでいろいろな情報や知識が手に入ります。

 

情報収集に時間をかけすぎて、実行に移す時間がない人。
知識をつけた時点で満足してしまう人が増えている気がします。


ホーム RSS購読 サイトマップ